Web予約
お電話でのご予約はこちら診療時間:平日11時~20時/土日祝10時〜19時
休診日:年中無休
南青山矯正歯科 > インビザライン > マウスピース矯正で使うエラスティックゴムとはどんなもの?

マウスピース矯正で使うエラスティックゴムとはどんなもの?

マウスピース矯正で使うエラスティックゴムとはどんなもの?

マウスピース矯正で使うエラスティックゴムとはどんなもの?

「マウスピース矯正は、歯に着脱可能なマウスピースを装着することで歯列矯正を行なうもの。外科手術などは必要ない、痛みもなく安全な矯正法」という認識を持っている人は多いと思います。

しかし「どんな歯並びの人でも、マウスピース矯正だけで完全に歯列が矯正できる」というわけではありません。他の施術との組み合わせが必要な場合もあります。

具体的な例としては、エラスティックゴム(顎間ゴム)をマウスピース矯正の補助装置として使用する場合などが挙げられます。

では、なぜマウスピース矯正にこのような補助装置が必要なのでしょうか。その理由や、エラスティックゴムの使用方法などを知っておきましょう。

なぜマウスピース矯正でエラスティックゴムを使うの?

なぜマウスピース矯正でエラスティックゴムを使うの?

エラスティックゴムとは、「医療用の輪ゴム」のことです。

「elastic」という英単語には「弾力がある」などの意味があり、そこから転じて輪ゴムのことをelasticと呼ぶこともあります。この場合「エラスティックゴム」というと「輪ゴムゴム」になってしまって意味が重複してしまいます。ですから正確には単に「エラスティック」または日本語で「顎間(がくかん)ゴム」というべきなのですが、それでは一般の人にはイメージしにくいためか、マウスピース矯正においては「エラスティックゴム」という呼び方も慣習として定着しているようです。

ちなみにエラスティックゴムは輪ゴムですからどこかにひっかけるようにして装着するのですが、マウスピースにエラスティックゴムを装着する場合は、マウスピースの特定の部分にエラスティックゴムがひっかかるような切り込みをつくってひっかけます。このためエラスティックゴムのかけ外しは自分でも簡単にできるようになっています。

エラスティックゴムの効果

エラスティックゴムの効果

では、どのようなときにエラスティックゴムが使われるのでしょうか?

マウスピース矯正は歯に樹脂製のマウスピースをはめて力をかけ、徐々に歯を動かしていきます。しかし、これでは「上の歯列同士」と「下の歯列同士」の噛みあわせしか矯正することができず、「上下の歯の噛み合わせ」を矯正することはできません。

たとえば上の歯列と下の歯列が前後・左右にずれているような場合は噛み合わせが悪くなり、顎関節に余分な負担をかけてしまうため、両方の歯列の整合性をとらなくてはならないのです。

こういう際、上の歯と下の歯の間に輪ゴムをかけることで歯列と噛み合わせが同時に矯正できるというわけです。また、単に噛み合わせを矯正する目的で使用される場合など、エラスティックゴムはさまざまな目的で使用される医療用具です。

エラスティックゴムはずっと装着する必要があるの?

エラスティックゴムはずっと装着する必要があるの?

エラスティックゴムは、矯正する歯の状態によっては非常に目立つ場所にかけられる場合もあります。極端な場合には前歯の上下にかけられることもあり、口を開けるたびにゴムが目立ちますし、第一ものが食べられません。目立つのは仕方ないとして(営業職の人などは非常につらいでしょうが……)、食事や歯磨きの際にはゴムを外すことになります。とはいえ、矯正はできるかぎり長時間行うのが基本。外すのは食事と歯磨きのときだけにして、あとは就寝中も装着してください。

マウスピース矯正と併用している場合は「エラスティックゴムもマウスピースの一部」と考え、マウスピース装着時は必ずエラスティックゴムも装着していることが原則です。ただし別途歯科医師から指示があった場合はそれに従ってください。

なお、ゴムはずっと張力がかかっていると伸びてしまい、矯正効果が失われます。1日1回のペースで新しいものに交換するのが一般的な目安です。

マウスピース矯正中にエラスティックゴムを使用するケース

マウスピース矯正中にエラスティックゴムを使用するケース

マウスピース矯正中にエラスティックゴムを使用するのは、上記で触れたように「上の歯列と下の歯列との整合性をとる」ことが目的ですが、これ以外にも下記のようなケースが考えられます。

歯並びに影響する悪癖

歯並びに影響する悪癖としては「頬杖をつく」「舌で歯を押す」などの習慣(クセ)が挙げられます。歯は「一定方向に長時間の力が加わり続けると動く」という性質を持っているため(だからこそ歯列矯正が可能なのですが)、日常的なクセが歯並びに及ぼす影響は小さくありません。

しかし、悪癖はなかなか直しにくいもの。そこで悪癖が矯正中の歯に及ぼす影響を防ぐため、その反対方向に力を加えるエラスティックゴムは有効かもしれません。

マウスピース矯正では難しい症例

マウスピース矯正は、ブラケット矯正に比べて「歯並びを大きく矯正する」といったことが難しいという弱点があります。たとえば「上の歯列全体が前方に突出している場合」などがそれで、こういう場合はエラスティックゴムを使って「歯列全体を後ろに引っ張る」といったような矯正が必要になってきます。

また、「前歯が数本出っ歯なのだが、これらをマウスピースで矯正できる歯の隙間がない」といったようなときも歯列全体を後ろに下げる場合があります。

ただし、ケースによっては歯茎の骨にアンカースクリューを埋入し、そこにエラスティックゴムをひっかけるといった「インプラント矯正」が必要になる場合もあります。

【まとめ】マウスピース矯正で使うエラスティックゴムとはどんなもの?

上記の説明で、エラスティックゴムがどんなものなのか、だいたいご理解いただけたでしょうか?

  • 基本的には「輪ゴム」
  • 矯正具に引っ掛け、歯や歯列をゴムの張力で引っ張るもの
  • マウスピース矯正だけでは矯正しにくい歯列に対して補助装置として使われることがある。
  • マウスピース矯正と併用する場合は、マウスピースにひっかけて使う
  • 簡単につけ外しできるが、マウスピース装着時はずっと装着しておくこと
  • ゴムは伸びるので定期的な交換が必要

といったところがポイントです。歯科医師からエラスティックゴムの使用を提案された際の参考にしてください。

マウスピース矯正をしながらホワイトニングはできるの?

マウスピース矯正をしながらホワイトニングはできるの?

マウスピース矯正でガミースマイルは改善できるの?

マウスピース矯正でガミースマイルは改善できるの?

マウスピース矯正は痛い?痛みが出るケースと対処法

マウスピース矯正は痛い?痛みが出るケースと対処法

インビザライン矯正後の歯並びは後に戻る?リテーナーによる保定期間とは

インビザライン矯正後の歯並びは後に戻る?リテーナーによる保定期間とは

理想のEラインを目指したマウスピース矯正で綺麗な横顔に

理想のEラインを目指したマウスピース矯正で綺麗な横顔に

マウスピースをしたまま飲食はダメ?マウスピース矯正の日常生活での疑問を解決

マウスピースをしたまま飲食はダメ?マウスピース矯正の日常生活での疑問を解決

関連記事

理想のEラインを目指したマウスピース矯正で綺麗な横顔に

理想のEラインを目指したマウスピース矯正で綺麗な横顔に

マウスピース矯正の効果はどの程度?適応できない症例は?

マウスピース矯正の効果はどの程度?適応できない症例は?

マウスピース矯正でガミースマイルは改善できるの?

マウスピース矯正でガミースマイルは改善できるの?

マウスピース矯正は痛い?痛みが出るケースと対処法

マウスピース矯正は痛い?痛みが出るケースと対処法

マウスピース矯正で失敗する原因とその症例

マウスピース矯正で失敗する原因とその症例

マウスピースをしたまま飲食はダメ?マウスピース矯正の日常生活での疑問を解決

マウスピースをしたまま飲食はダメ?マウスピース矯正の日常生活での疑問を解決